郷右近要コラム
トップページ  >  投資研究室  >  郷右近要コラム
   

郷右近 要
業界屈指のストラテジスト・郷右近 要によるオリジナルコラムです。

20年以上にわたり、金をはじめ様々な商品の動きを見続けている郷右近 要が、商品市場を鋭く分析します!


2017年3月24日

金は上昇一巡1243.40、ユーロ売り転換1.0765(24日1006JST)

円全面高を継続。ヘルスケアセクターに調整が入り、財政刺激パッケージの具体化が見えず米国株は調整入り。医薬医療面では連邦予算削減と規制緩和の政策矛盾があり、益出し利食いが先行。一旦、様子見ムードに入っているウォール街。

ドル円の下落はクロス円下落が主体で今朝6時のNY引けで、インデックスではこれでもドル高。且つ、111円割れに沈み110〜108円を指向するなかで、ドル高で上がらずのメタルと原油。

ドル建てコモディティを円高換算で東京ローカルに換算値でマイナスの下げ相場を構築する。リスクは下向き。

※オバマケア代替案は金曜日中に決めろと、ホワイトハウスが言っている。

 

【免責事項】
■ このコンテンツは投資判断の参考情報として、売買手法の情報提供を目的としたものであり、各種相場動向の断定的判断を提供するものではなく、又、将来の利益を保証するものではございません。
■ 弊社は、外国為替証拠金(保証金)取引や商品先物取引、その他金融商品の取引を勧誘し、または推奨するものではありません。
■ このコンテンツで示された情報内容について、弊社は正確性・確実性を期すように努めておりますが、その完全性を保証するものではなく、また予告なしに情報内容を変更する場合がありますので予めご了承ください。使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。
■ 弊社は、このコンテンツで示された売買手法の利用により生ずる、直接または間接のいかなる種類の損失に対しても、弊社は責任を負いかねます。
■金融商品の取引を行う際は、取引業者が契約前に交付する書面をよくお読みいただき、取引に係る証拠金・保証金、取引に係る手数料、金融商品のレバレッジ性、金融商品のリスク等の情報を熟知した上、投資に関する最終判断はご自身の責任において行うようお願いいたします。

 

 

 

 

 


新規会員申込はこちら
運営会社:岡藤商事株式会社