郷右近要コラム
トップページ  >  投資研究室  >  郷右近要コラム
   

郷右近 要
業界屈指のストラテジスト・郷右近 要によるオリジナルコラムです。

20年以上にわたり、金をはじめ様々な商品の動きを見続けている郷右近 要が、商品市場を鋭く分析します!


2017年4月28日

ランド安プラチナ安、930〜900ドルトライあり

ECB総裁会見を経てストレートにドル買いとなり、ユーロドルが失速しつつポンドが持ち上がり、ドル円そのままで27日NY引けはドル確り。ナスダックの続伸が続きVIX指数も低下し、債券売り継続。

メタルは銀が7月限へのロールオーバーで調整地合いとなり失速し、金とともにオプション市場では、動かない(上がらない)でボラティリティの売りが先行。プラチナはランド安で自動スライドで下げ、いずれ930ドル割れトライあり。それでもパラジウムが単独先行で上にブレイクし続伸は実需背景の買い。

一方、原油は50ドルレベルで6月北海主要油井は供給減ながら、洋上在庫からの売りもあり、軟調。

シカゴコーンは作付け集注で農家サイロからの売りも乏しく、このまま横ばいで下がらず。

※ドル円レートは111.50円越え攻防次第で、円安モードに地合いは変化へ。


【免責事項】
■ このコンテンツは投資判断の参考情報として、売買手法の情報提供を目的としたものであり、各種相場動向の断定的判断を提供するものではなく、又、将来の利益を保証するものではございません。
■ 弊社は、外国為替証拠金(保証金)取引や商品先物取引、その他金融商品の取引を勧誘し、または推奨するものではありません。
■ このコンテンツで示された情報内容について、弊社は正確性・確実性を期すように努めておりますが、その完全性を保証するものではなく、また予告なしに情報内容を変更する場合がありますので予めご了承ください。使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。
■ 弊社は、このコンテンツで示された売買手法の利用により生ずる、直接または間接のいかなる種類の損失に対しても、弊社は責任を負いかねます。
■金融商品の取引を行う際は、取引業者が契約前に交付する書面をよくお読みいただき、取引に係る証拠金・保証金、取引に係る手数料、金融商品のレバレッジ性、金融商品のリスク等の情報を熟知した上、投資に関する最終判断はご自身の責任において行うようお願いいたします。


新規会員申込はこちら
運営会社:岡藤商事株式会社