スパルタ☆FXトレード教習所
トップページ  >  学習ガイド  >  スパルタ☆FXトレード教習所
Back number:
スパルタ☆FXトレード教習所
第1回 利益を上げるために初心者が知っておくべきポイント
「第1回-8 あるシミュレーション」

 

まず下記のグラフを見てください。

 これは2011年の1月から12月まで、毎日1日1回ドル円を売買した場合の損益の推移です。

始値で売りエントリーして、終値で決済するという単純な売買です。ドル円は長期のダウントレンドが続いていましたので、毎日、売りエントリーだけを行ないます。

1年間で260回の売買になります。コストは1回の売買につき1pips(1銭)として計算してあります。従って、年間では260pips(2円60銭)のコストになります。

また、ロスカット(損切り)を行なう場合とロスカットを行なわない場合とで、どのような違いがあるかもシミュレーションしています。ロスカットの値幅はバックテストにより算出しています。

このシミュレーションでは幾つかのことが分かります。

1つ目は、このようなシンプルな売買でも幾つかの点に気を付ければ利益を出せるということです。実際にはこんなに乱暴な売買を行なうことはありませんが、これだけシンプルな売買でも十分利益を出せるのです。

2つ目は、損切りの重要性です。損切りをした場合としない場合では売買を重ねるにつれて、損益に差がついていることが分かります。なお、ロスカットをしない場合でも終値では必ず決済していますので、タイムストップ(時間によるロスカット)は付いています。

3つ目は、短期売買でのコストの重要性です。ロスカットをしない場合でもコストが0であれば、プラスになります。短期売買ではコストが損益に大きく影響します。

FXをきちんと学べば誰でも利益を上げることができるようになります。このセミナーではそれをお教えします。

※ここに記載している内容は一般的な傾向であり、必ずこのように価格が動くという訳ではありません。実際のお取引は自分自身の判断で行ってください。

Backnumber
セミナー動画
第1回 利益を上げるために初心者が知っておくべきポイント
第1回-1 このセミナーの狙い
第1回-2 このセミナーでの学習方法
第1回-3 3つの禁止事項と取引ルールの厳守
第1回-4 損切りをしないこと
第1回-5 逆張りをすること
第1回-6 難平をすること
第1回-7 勝率とペイオフレシオ
第1回-8 あるシミュレーション

新規会員申込はこちら
運営会社:岡藤商事株式会社